~ 船旅 ~ 

海


ロト:「海は いいねぇ~

・・・・・・・・・

・・・・・・・

ロト「ん?」

n?


ロト:「それはだね・・・。」

時は遡り。

聞いてみた


ロト:「海の向こうに何があるんだろう?」

行った方がいい


xxxx:「君の助けを待ってる人が 海の向こうにもたくさんいるんだ
    御行きなさい 勇者ロトよ!」


こうして僕は別大陸へいくことにした。

初めはポルトカというお城があると

きいてそこへ向かった。

ポルトガまで


ロト:「うん、明日には着いてるだろう。
    今日の冒険はここまでにして 床につくかな・・・。」

寝るわ


ロト:「おやすみなさい 皆様。
    冒険に出てから 一人で寝ることも多くなったよ。
    寂しい一人の夜だ・・・。」


ロト:「ZzzZzzz...
    おい、ダメだって・・・。

    (*ノωノ) おいったら・・・・。
    ・・・・・・・・・・
    ・・・・・

    ん・・・・・・? 朝か・・・。


    ん!? ここはどこだ・・・。
    ちょ・・・・。」

海になぜかいる


朝目覚めたら 僕は海の底にいた。 

                                  続く
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment