FC2ブログ

「さよならの朝に約束の花をかざろう」見てきたよ 

「さよならの朝に約束の花をかざろう」

本日、見てきました。

まだ上映中ということもあり、ネタバレ無しの感想を書きます。

素直な感想としては、

とっっっても、面白かったです。

はい、面白かったです…。


ネタバレ無しですが、一応映画感想ということで

続きから記載しよう。
公式に記載されたあらすじは以下

===============================
縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。
人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に
日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。
10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、
“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。
両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、
どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。

そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。
イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。
絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、
マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。
マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。
虚ろな心で暗い森をさまようマキア。
そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。

少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。
同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。
ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語。

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』公式より
===============================

上を読んだら大体わかると思いますが、感動するお話です。
「長寿な母親が、普通の子供を育ててみた」という内容が主。


最初に感じた感想としては
絵がとてもキレイな映像なんです。
「君の名は。」でも言った気がしますが、
リアルな描写な「君の名は。」に比べ「さよ朝」(略適当)は幻想的な美しさ。
幻想的で美しい世界観がとても好きでした。
絵に関しては文句なかったですね、人物も背景もとても美しいです。


見終えた感想について、
最初に言った通りネタバレは無しですが、正直ずるいです。

僕たち大人は、元気な子供が生まれてみたらどうなります?
おそらく感動しちゃいますよね?

元気に育った子供が巣立ちの際に、「今までありがとう」
って言ってきたらどうなります?
私なら子供が見えなくなったところで涙しちゃいますよ。

というように、わかっていても涙が止まらないそんな作品でした。
私も映画みながら、こんなの百も承知なストーリーだけど、
最後のシーンを見たとき、右目の右側から涙があふれていました。
(右に体を傾けていたんだろうなぁ)
演技、演出ともに素晴らしかったです。


(ずるいなぁ‥・わかっていても、こんなん泣いちゃうよ)
(岡田監督、いつものように蛇足な演出をしてくれ、
 勇者耐えられないよ。。)

 ~ラストシーン~

 勇者(涙)

 
映画見る前は、正直さほど期待していませんでしたが、
見終わってみると、とても心が温かく、良い作品に巡り合えたなぁと
本当に思いました。



長寿な一人ぼっち、普通の一人ぼっち。
合わせて二人ぼっち。

でも考えてみて?

一人は長寿で、一人は普通の寿命。

二人ぼっちの期間なんて
一人は一瞬で、もう一人は永遠。
なんだか切ないね。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment