RO と ポケモン 

おはようございます。
お久しぶりです。


ROでビフロ後半がきたから久々に ログイン してみました。
ロイヤルガードの新装備はないため、
また接続が微妙になりそうです まるっ ← 今流行りの

約束の聖書 こと オーディン盾は聞いた話

「詠唱無し ディレイ無し クールタイム無し」


のブレッシングみたいなスキルとのこと。

アークビショップさん。
今までGv中仕事少ないなー とか思ってたんじゃないですかぁ?
これからはアクビさんの時代ですよ!
RKに修羅に魚に・・・ そのオーディンの力を分け与えてください。
RGにも禁止スキルを返してやってください運営様

まずはこの盾を手に入れることからですけどね。

生体3行ってみたら 案の定カオス。
修羅さんらが怖い顔してハイプリ(99)DOPを追い回しております。

私もいつか出してみたいなー(´ω`)

はい、ROおしまいける。


以下ポケモン
RO勢には詰まらない話になります。




チャットにて、
ドラゴンタイプ選びにまじ悩むという人がいたので、
自分なりに書いて見ようと思う。

まず現在のポケモンバトルにて使えるポケモンは以下の通り。


動くカイリュー動くボーマンダ動くガブリアス動くサザンドラ動くラティアス

動くラティオス動くキングドラ動くオノノクス動くフライゴン動くチルタリス動くクリムガン




大体この11匹。(アニメーションにしたけど もしかしたら重いかもしれないな・・・。)

名前はそれぞれ
カイリュー ボーマンダ ガブリアス サザンドラ ラティアス
ラティオス キングドラ オノノクス フライゴン チルタリス クリムガン


どいつが最強 とかは決してないのがポケモンのいいところで
他のパーティと相談しつつ こいつらを生かそうとしか言えない。

でも、それぞれの特徴は簡単に書いていこうと思う。


たぶん、ポケモンのドラゴンの中では一番知られているであろう
カイリュー(初代ポケモンでは こいつがドラゴン代表だったから)

4世代までは、あまりパッとしてなかったけど。
5世代でついに本領発揮。
現在では専用特性のマルチスケイル(簡単に言えばHP満タン時は防御・特殊防御2倍)持ち。

「ドラゴン相手と言えば、氷っしょw」 とか思ってるかかるとひどい目にあう。
とにかく硬い。

対戦中でも
「あ、 これ相手の後ろにカイリューが控えてたら負けだわ。やっちまった;;」

上はよく使われる言葉。 だと思う。

ROで例えるなら RKに金剛くらい硬い。(ここまで、みてくれてるRO勢感謝はぁと)

そして、現在のドラゴンタイプの中では一番使いやすいかもしれない。
初心者から上級者まで使えるドラゴンだと思う。


じゃあ次 ボーマンダ

主に第4世代で猛威を振るっていた ボーマンダ。
ポケモン名言のひとつ「ボーマンダの流星群(←ドラゴン技)は強い」 と言われていたくらい。

第5世代では少し落ち着いた。

特徴はやっぱり特性の「威嚇」 ※威嚇とは相手の物理攻撃力を下げる(0.75倍)
召還された際に発動するものである為、交換試合になるとその強さを発揮する。
豊富な技も特徴。 水タイプではないのに「ハイドロポンプ」も覚える。
しかし、なかなかテクニックが必要なポケモンであるため初心者には少し使い辛いかもしれない。

今回最後の ガブリアス

現環境において、ポケモン界の王様と言われるほどの実力の持ち主。
攻撃高いわ 防御高いわ 速いわ HP高いわ。

こいつの存在で ポケモン廃人と普通の人を判断することが可能なくらい。

ポケモンと言えば との問に対して
「ピカチュウ」 と回答が来たのであれば、一般人。そして一般回答。

「ピカチュウ以外」の回答 ポケモンをプレイしたことがある程度の人間。

「ガブリアス」 と回答を返す者がいれば、疑うことないベテラントレーナー。
         加害者もいれば被害者もいますけど。

あらゆるトレーナーの相棒であるガブリアス。
砂嵐下になると、回避率が20%もアップするため更に厄介。
あの時、攻撃が当たっていたら・・・○○県代表になれたのに・・・クソッ! と思ってる人もたくさんいるだろう。

対策としては とにかく氷攻撃を打ち込むべし。
(対ガブリアス用のポケモンもいますが今はおいとこう)

もう氷タイプの攻撃というのは、対ガブリアス用の兵器であるといってもいいな。
バンギラス(特性:砂起こし)とはとっても仲が良い。
初心者から上級者でも使えます。
しかし、砂パーティでガブリアスを用いるなら それなりの腕が必要。

今回は以上で( ゚д゚ )ノ 長くなったなぁ・・・。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment